日本の介護を世界に、
みんなが幸せに暮らせる社会を。

介護を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。特に近年は深刻な人材不足により、介護が必要な方へ必要なだけのサービスを提供することが難しくなってきています。
シニアの方や専業主婦の方へのアプローチなど、多様な働き方を実践する中で、外国の方々に対する期待も強くなってきています。
一方で、日本の介護は世界の中でも先端を走っており、今後、高齢化の進む諸外国においては、そのノウハウを必要としています。
日本の介護を世界へ届けつつ、日本で技術を学ぶための機会を設けることが、これからの日本の介護の在り方のひとつであると考えます。